どんな注文住宅でも住めば都

私たちが建てた注文住宅は決して完璧なものではありませんでした。考えている時にはこれがベストだと思っていたものの、いざ住んでみると思うような用途として部屋が使われなかったりしたものです。でも、一つ言えるのはどんな注文住宅を建てても住めば都ということです。よほど居心地が悪い家ならともかく、今のご時世そのハウスメーカーが建てる家は住んでみればそう不快に思うことはありません。後悔するとしたら、これは要らなかったなという余分なものに対しての費用面の後悔でしょう。ないものを追加しておけば良かったという発想にはなかなかならないと思います。意外でしたが、建ててからこれがないと困ると思ったことはありませんでした。まあ家ですから、足りないものというのも変な話ですが。きちんとトイレとお風呂があって、キッチンにダイニング、リビングに自室があればそれだけで十分なのです。私たちはそれに付属価値を求めているだけに過ぎません。

注文住宅の外構でケチった部分

家というととんでもない額のお金が必要となりますが、将来支払っていくことを考えると少しでも安くできるところはそうしたいと思いました。技術的に必要な部分をケチると危ないので、それ以外のところで安くするのです。そうした結果、私たちの注文住宅の外構は駐車場のタイヤ部分となる場所以外をコンクリートではなく土とすることになりました。全部をコンクリートで覆ってしまうのではなく、一部分を土にすることによって費用を浮かすのです。3台分あったのでこれで少し出費がなくなりました。そして、土だけだと殺風景で雨の日にぐちょぐちょになりそうだったので、草花を植えることにしました。時間は多少かかるものの、今では良い感じに緑になっています。車の下に植えるものなのであまり背の高い草花はダメですし、芝生は管理が大変そうだったのでここは考えなくてはなりません。一度緑が根付けばキレイになるので、それまで頑張ればほとんど手間もかかりませんでした。

二世帯住宅はエコを考慮しました

二世帯住宅にすることで、光熱費などかなりアップするだろうなぁ〜と考えるようになり、エコ住宅を考慮するようになりました。断熱効果がある壁やアルミサッシなど、ちょっと手を加えるだけでかなりエコになり、光熱費を抑えることができるので、ランニングコストがだいぶ削減することができると実感しました。長く住む家なので、やはり光熱費の負担は大きな出費になるので、エコ住宅にすることで自然環境にも優しく、そして自然エネルギーを活用した住まい閑居うにすることで、家の中も快適に生活できると思い、二世帯住宅は太陽光発電や断熱効果・遮断なども考慮した家づくりにすることにしました。初期投資として色々と材料代は必要になりますが、かなり節約になると実感できるようになりました。エコ住宅は今、とても人気があるようで検討している方も多く、モデルルーム展示会場では人気物件として取り扱っているので、詳しい説明も聞いて二世帯住宅で建設することにしました。

ZEHで二世帯住宅はお手頃価格

ZEHは補助金が出ると聞いていたし、エコにつながるので二世帯住宅を建設する上で、これだったら理想的な住まい環境になるなぁと考えるようになりました。国は補助金を出してZEHを促進しているので、二世帯住宅にする際にも良い部分は取り入れた方が無難だなぁと考えるようになりました。照明・換気・給湯・冷暖房など、色々と日常生活の中で必要経費となり、毎日利用する物はなるべく抑えたいと思っていたので省エネルギーで創エネ対策ができるZEHは理想的な住まい環境になるので取り入れることにしました。大手住宅メーカーへ相談したことで、ZEHを取り入れた二世帯住宅を紹介して下さり、プランの立て方など丁寧なアドバイスがあったので、予算を決めてからプランを一つずつ立てて、納得できるようなマイホームを建築することができました。二世帯住宅にしたことで、リビングに日差しが入り、とても明るくてポカポカする日もあり、やはりこうした環境は最高です。

木材は国内のものを使うのも大事

木造住宅は木材が必要ですが、いくら価格が安いといっても海外の木材ばかり使用してれば、いずれは現地の森林枯渇します。いくら需要合っても乱伐させるわけにいかなくて、同様に海外の木材ばかりに頼り国内の木材不要とすれば、国内の林業衰退を招きます。そして国内の森林伐採されないで今度は大量の花粉発生したりする事態になりかねません。そして、木材は伐採しなければいいといったものではなくて、伐採しなければ竹刀で別の問題が生まれます。資材調達から廃棄至るまで住宅の建築サイクルのあらゆる場面でエコな方法を採用する、それが環境共生住宅であり、環境配慮した資源調達、廃棄の方法を模索して地球鵜環境保全に一役買うことができます。環境共生住宅配慮の対象は環境以外に、そこ住む方の暮らしにも配慮が行き届き、地震など強い住宅化、アレルギーある人も安心できる住宅かなど住環境に配慮されていて、健康で快適な暮らし求める方ほど地球環境共生住宅が便利なのです。