木材は国内のものを使うのも大事

木造住宅は木材が必要ですが、いくら価格が安いといっても海外の木材ばかり使用してれば、いずれは現地の森林枯渇します。いくら需要合っても乱伐させるわけにいかなくて、同様に海外の木材ばかりに頼り国内の木材不要とすれば、国内の林業衰退を招きます。そして国内の森林伐採されないで今度は大量の花粉発生したりする事態になりかねません。そして、木材は伐採しなければいいといったものではなくて、伐採しなければ竹刀で別の問題が生まれます。資材調達から廃棄至るまで住宅の建築サイクルのあらゆる場面でエコな方法を採用する、それが環境共生住宅であり、環境配慮した資源調達、廃棄の方法を模索して地球鵜環境保全に一役買うことができます。環境共生住宅配慮の対象は環境以外に、そこ住む方の暮らしにも配慮が行き届き、地震など強い住宅化、アレルギーある人も安心できる住宅かなど住環境に配慮されていて、健康で快適な暮らし求める方ほど地球環境共生住宅が便利なのです。