どんな注文住宅でも住めば都

私たちが建てた注文住宅は決して完璧なものではありませんでした。考えている時にはこれがベストだと思っていたものの、いざ住んでみると思うような用途として部屋が使われなかったりしたものです。でも、一つ言えるのはどんな注文住宅を建てても住めば都ということです。よほど居心地が悪い家ならともかく、今のご時世そのハウスメーカーが建てる家は住んでみればそう不快に思うことはありません。後悔するとしたら、これは要らなかったなという余分なものに対しての費用面の後悔でしょう。ないものを追加しておけば良かったという発想にはなかなかならないと思います。意外でしたが、建ててからこれがないと困ると思ったことはありませんでした。まあ家ですから、足りないものというのも変な話ですが。きちんとトイレとお風呂があって、キッチンにダイニング、リビングに自室があればそれだけで十分なのです。私たちはそれに付属価値を求めているだけに過ぎません。