二世帯住宅に住んで良かったこと

叔父や叔母と生活をするため二世帯住宅を選びましたが、同じ土地を有効活用できコミュニケーションをしやすくなりました。同じ場所に同居すると安心感があり、高齢の夫婦であるため体調が悪くなってもすぐに手助けをしやすくなって助かっています。間取りは共用のものと個別のものに分け、安心して住める環境を作れたため良かったです。最近では二世帯住宅が有名ですが、実際に生活をすると同じ物件を共用できるため費用がかからなくて良いと思いました。
二世帯住宅はゆったりとくつろぎやすく、家族団らんをしやすい環境を作れます。また、叔父と叔母は高齢のため病気になりやすく、同居していればサポートもしやすくて便利です。ほかにも、同じ物件を使うことで設備の維持管理をしやすく、バスルームやトイレ、キッチンなどを共用すると必要な部屋の数を減らせました。必要な部屋の数を減らすと必要がかからなくなるため、土地の価格が高くてもうまく間取りを工夫できて良かったです。