注文住宅を建てたいのなら

私達夫婦は結婚の話しが出た時から最初はアパート暮らしで、お金を貯めて家を建てようと考えていました。アパートは2年更新なので、4年目で家を建てる計画です。アパートに暮らし始めて、半年たったくらいから土地探しとメーカー探しを始めました。いろいろなメーカーを見て、家の勉強もしていくうちに、住みたい家のイメージが固まってきました。この段階で、絶対注文住宅がいいと思い始めました。注文住宅は決めることが山ほどあります。打ち合わせの時間的余裕が取れる、家に対する拘りがある、自分で調べることが苦ではない、金銭的余裕があるなどです。私達夫婦は独身時代からお互いにしっかり貯蓄していました。注文住宅がいいからといって無謀な返済計画は絶対にやめたほうがいいです。
耐震性や断熱材に何を使用しているかも担当者に聞きました。まず、今の国の耐震基準は昔より厳しいので今の家はまず壊れないそうです。注意するなら家の耐震より、地盤の固さです。地盤がゆるかったら、どんなに頑丈な家を建てても傾きます。きちんと地盤調査をしてください。断熱材もいろいろあります。自分で勉強して納得のいく物を使ってもらいました。当時、まだ高かったので太陽光は入れなかったのですが入れておけばよかったと後悔しています。オール電化なので尚更です。
注文住宅は自分で決められる分、大変さもあります。しかし、良い経験、勉強になります。住んでからの愛着もあります。拘りのある人には是非注文住宅で建ててほしいです。